本文へスキップ
   

土木・建築を体験できる場にたくさんの方に来ていただき、現場でどのようなことをおこなっているのかをお伝えするため、年間1万人以上の方に体験いただくことを目指し、様々な情報を発信します!!

イベント参加者募集中!

新着情報新着情報

2017年2月8日
イベント情報を更新しました!
2017年2月8日
2月のイベント情報
イベント実施予定
2017年1月10日
西彼杵郡長与町の高田南南東部宅地整地工事において、2月5日(日)に工事見学会を開催します!!  雨天延期2月12日(日)
普段触れることのできない、建設機械に乗ったり、運転したりすることができます。
みなさんが楽しめる内容をたくさんご用意しております。参加者を募集中です。ぜひご参加ください!!
 
 (イメージ)
2017年1月6日
長崎市内の女神大橋において、開通11周年の記念日となる12月11日(日)に「女神大橋ば登ってみゅーで」を開催しました。愛知県からの参加者など県内外の多くの方に参加いただきました。当日は天候にも恵まれ、最後の出発となったグループの皆さんには夕日の映える景色を見ていただくことができました。
 
2016年12月19日
壱岐市内において、11月20日に「土木の日のイベント」を開催しました。
約1,000名の方に参加をいただき、本当にありがとうございました。
建設機械の試乗会、ビンゴゲーム、マグロの解体ショーが人気で、大いに盛り上がりました。
3世代の家族で来られた方も多く、世代を超えて土木や建築に親しんでもらいました。

  
2016年12月19日
雲仙市内において、11月19日に向平川火山砂防工事(えん提工)の現場見学会を開催しました。当日は、模型による砂防施設の土砂捕捉シミュレーションを使った工事の説明の他に、ドローンを使った記念撮影や重機試乗体験などを行いました。見学会後のアンケートでは、「大きさに驚いた」「砂防の意味がわかるブースが良かった」などの意見を頂きました。ご参加いただきありがとうございました。
 
2016年12月19日
長崎市内において、11月13日に一般国道207号道路改良工事(百石橋・五十石橋下部工)の親と子の現場見学会を開催しました。
雨の予報もあたらず、無事に開催することが出来ました。
開会の挨拶や事業概要の説明の後に、現場見学や体験コーナーで重機の操作や高所作業車を体験していただきました。多くのみなさまから参加してよかったとのご感想をいただきました。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

 
2016年12月13日
長崎市内において、12月10日に小浦(3)地区の急傾斜工事の現場見学会を開催しました。
当日は、模型を使った工事の説明の他に、測量体験や斜面の角度を体感していただくために斜面登りの体験などを行いました。
見学会後のアンケートでは、「土木の工事をしている人達の大変さに気付いた」「実際に体験できたので興味が持てた」などの意見を頂きました。
ご参加いただきありがとうございました。

 
2016年12月13日
11月27日に長崎市内に残る日本のインフラ技術をリードした港湾と水道に関する土木遺産をめぐる土木遺産モニターツアーを開催しました。
今回のツアーでは、鎖国時代から外国船の来航によって対応を迫られることになった港湾関係の土木遺産と水道関係の土木遺産を中心にめぐり、日本に導入された近代土木技術の原点をめぐりました。参加者の方からは、「「水」と共に歴史が流れ、昔の知恵や工夫がすばらしいと思った。建築物のおしゃれなセンスも良かった」というようなご感想をいただきました。ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

 
2016年12月13日
11月23日に佐世保市内に残る巨大土木遺産をめぐる土木遺産モニターツアーを開催しました。
 鎮守府や海軍工廠の置かれた佐世保に残る、旧日本海軍によって建設された巨大な土木遺産や近代化遺産を巡りました。参加者の方からは、「巨大土木遺産のタイトルどおり、建造物、構造物の偉大さにとても感動した。それらの製作に対する大きなエネルギーを使った偉大さにも大変驚いた。」というようなご感想をいただきました!ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

   

バナースペース

1万人、土木・建築体験プロジェクト 事務局

長崎県庁 土木部 建設企画課

TEL 095-894-3021
FAX 095-894-3461