「広告景観モデル地区」 を紹介します


●広告景観モデル地区とは・・・・・・
 広告物等と地域の景観との調和を図り、良好な景観の維持及び その形成を積極的に推進することが特に必要である地区として知事が指定するものです。

●広告景観モデル地区では・・・・・・
  次の事項を定めます。
1.「広告景観基本方針」
  モデル地区における広告物等と地域の景観との調和に関する基本方針
2.「広告景観形成基準」
  モデル地区における広告物等の位置、形状、面積、材料、色彩、意匠その他表示又は設置の方法に関する基準

●広告景観モデル地区の指定を受けるには・・・・・・
 地域住民の皆さんと市町村が協力し、その地区にふさわしい「広告景観基本方針(案)」と「広告景観形成基準(案)」を作成します。
 その後、県の屋外広告物審議会の意見を聴いて、知事が指定します。

 

■広告景観モデル地区には、広告物の改修等に費用の補助があります。■
          (※但し、美しいまちづくり重点支援地区内の広告景観モデル地区に限ります。)

1.補助の区分は次のとおりです。
 @ 広告物の新設 事業費の1/4(上限25万円、市町村が同額以上補助する場合に限ります。)
 A 広告物の除却・改修 事業費の1/3(上限40万円、市町村が同額以上補助する場合に限ります。)

2.補助の期間
  広告景観モデル地区の指定告示の日から7年間


■広告景観モデル地区指定状況■
 
  平成15年12月5日 島原市森岳広告景観モデル地区

 

 平成16年4月9日 大村市上小路周辺広告景観モデル地区

 平成17年9月30日 平戸城下旧町地区広告景観モデル地区





屋外広告物メインページへ




長崎県都市計画課HPへ
長崎県美しい景観形成HPへ