header_pref_logo

分野別索引

所属別索引

header_bar_bg

 

 

 

第24回
長崎県まちづくりの絵
コンクール


※絵をクリックすると拡大します。

 最優秀賞(1作品)

saiyuushu2

【学校・学年】小値賀町立小値賀小学校 2年

【氏   名】森岡(もりおか) 聖准(せいじゅん)

【審査員コメント】
・中心に描かれた男の子がまちの一部となっており、インパクトがある楽しい絵となっている。

・作りたいまちが斬新に描かれており、テーマにそった構図となっている。

・男の子の表情などから、作者が楽しんで描いた様子が伝わる。

・色合いもよく、絵全体のバランスが優れている。

【本人コメント】
 
ぼくは、ビルを人にしました。なぜかというと おもしろいと思うからです。それに、かわいいおうちは、人のかおをつかったりして書きました。きのこのおうちは、いろいろないろをつかいました。すべりだいがあるおうちは、たのしいおうちです。かんらん車は、カラフルです。きょうりゅうのおうちは、かっこいいです。

 

 優秀賞(5作品)

yuushu1

【学校・学年】長崎市立高城台小学校現川分校 1年

【氏   名】原口(はらぐち) 愛結(あゆ)

【審査員コメント】
・クレヨンの特徴を活かし、子供らしさの伝わる絵となっている。

・カラフルな色合いであり、きれいに描かれている。

・海や森に、遊園地が描かれ、発想力も伝わる絵となっている。

・一生懸命、楽しみながら描かれた、とても楽しい絵である。

【本人コメント】
 
みんながたのしくなるような ゆうえんちのような町をイメージして書いた。

海も森もたくさんある ゆうえんちの町です。

 

yuushu3

【学校・学年】長崎市立稲佐小学校 3年

【氏   名】三井(みつい) (かん)()

【審査員コメント】
・大木のマンションが力強く、迫力のある絵となっている。

・細かいところまで夢中になって描いた様子が伝わる。

・木にエレベータをつけるなどアイデアも伝わる絵となっている。

・木の重なりや空の描写が奥行きのある空間を感じさせる絵となっている。

【本人コメント】
 この町のほとんどをしぜんの木やしぜんの物をつかって作っているように、イメージして書きました。人間が、しぜんの木でもくらせるようにしてみました。

yuushu4

【学校・学年】南島原市立口之津小学校 4年

【氏   名】井上(いのうえ) 凱斗(かいと)

【審査員コメント】
・丘を重ねることで遠近感を表現した力作である。

・色合いに濃淡を付け、はっきりとした絵となっている。

・車や建物として描かれているキャラクターから子供らしさと、遊び心が伝わる。

・風景から作者の住む地域の様子が伝わる絵となっている。

【本人コメント】
 未来のぼくがすんでいる国だと思います。未来の車は、飛行機になっていて道路でも飛べます。

yuushu5

【学校・学年】諫早市立飯盛東小学校 5年

【氏   名】山口(やまぐち) ()()

【審査員コメント】
・全体的に落ち着いた色合いにまとめられ、未来の都市をイメージできる。

・空に浮かぶシャボン玉が、より夢の中の未来を表現していることが伝わる。

・女の子らしいメルヘンのまちがやさしく表現されている。

・建物や空を見上げる構図となっており、他の絵とは異なった特徴がある。

【本人コメント】
大好きなシャボン玉が飛んだら、とてもすてきだと思ってシャボン玉と未来の町を書きました。

yuushu6

【学校・学年】南島原市立有家小学校 6年

【氏   名】()() 寛仁(ひろと)

【審査員コメント】
・宇宙に飛び出した発想力が伝わる楽しい絵となっている。

・斜めに見ると左右対称となっており、作者の技術力も感じさせる。

・龍踊り、そうめんながし、大漁旗から長崎らしさが伝わる絵となっている。

・学校を中心に描いており、未来でも子供が中心のまちづくりが大事であることを感じさせる。

【本人コメント】
 ぼくは、宇宙のある星に、長崎の祭りをもちこんで毎日にぎやかなたのしい町を作りました。特にじゃおどりのりゅうは、とってもむずかしかったけど、がんばって書きました。

 こんな毎日がにぎやかな町を本当に作りたいと思っています。

★第24回まちづくりの絵コンクールのトップ★     ☆☆入選(15作品)☆☆

長崎県都市計画課ホームページバナー

著作権は長崎県に帰属しています。