長崎県のトップページへ戻ります。
分野別索引 所属別索引 キーワードで検索
検索のコツ



※絵をクリックすると拡大します。

最 優 秀 賞(1作品)


【学校名】諫早市立真崎小学校1年
【氏名】吉原 菜々子(よしはら ななこ)

【審査員コメント】
・発想が非常に自由で伸びやかで、見ていると清々しく感じる作品
・家の窓がすべて開け放っており、絵自体に開放感がある作品
・笑顔が非常によく、動物一つ一つみても実に上手くかけている。

【本人コメント】
 わたしはうみのなかに、まちをかきました。おさかなといっしょにくらせます。

 



優  秀  賞(5作品)

【学校名】長崎市西町小学校2年
【氏名】平山 新(ひらやま あらた)

【審査員コメント】
・本当に未来はこういう風になれば良いなという思いが伝わる作品
・都市的な要素のインフラがきちんとあり、尚且つ自然をおさえており、子供ながらにも本質をついている
・具体的に長崎を意識している作品

【本人コメント】
 いきものといっしょにあそぶ町としんかんせんやタワーなどがある、とかいのようなにぎやかな町をはしでつないでいるながさきをイメージしてかきました。
【学校名】大村市立旭が丘小学校3年
【氏名】芹川 璃露(せりかわ りろ)
【審査員コメント】
・既成概念に囚わておらず、頭に浮かんだファンタジーをそのまま絵にした感じの作品
・単調になりがちな色塗りが、微妙に重なった色になっていて、非常に深みが出ており、尚且つ躊躇のない思い切りのよさも感じられる
・楽しく絵を描いたんだなと伝わってくる作品
【本人コメント】
 動物もいっしょにくらせる町です。がんばった所は、木のかんらんしゃとキリンのジェットコースターです。
【学校名】長崎市立大園小学校4年
【氏名】村山 明夏里(むらやま あかり)

【審査員コメント】
・時間的にも空間的にも奥行きのある作品
・大胆な構図であり、、街の中に沢山の要素が詰め込まれていることを如実にあらわしている作品
・24時間楽しい時間がこの中に詰まっているんだろうなと思わせる作品

【本人コメント】
 町のデザインを考えたり、細かいところをぬることが、とても大変でした。

【学校名】長崎市立横尾小学校5年
【氏名】玉崎 雅貴(たまさき まさたか)
【審査員コメント】
・遠近感が巧みに描いてあり、空間の広がりというのが、スッと入ってくる作品
・意識して上手く構図をつくって描いているということがわかる作品
・将来はこういう街が長崎にあって、住んでいきたいという作者の思いが伝わる作品
【本人コメント】
 気球で家がどこまでも好きな場所に飛んで行けたらいいのになと思ってすてきな気球の家の旅をえがきました。
【学校名】長崎市立愛宕小学校6年
【氏名】山浦 春来(やまうら はるき)
【審査員コメント】
・もし将来住むんだったら、本当にこういう所に住みたいなという作者の思いが伝わってくる作品
・パッと見た感じでは特徴が無いように見えるが、細かいところに非常にこだわりがある作品
・社会的なものを意識してテーマに選んでいるのだろうけど、端々には子供なりの視点がある作品
【本人コメント】
 私はエコで自然に優しいまちに住みたいです。生ゴミを畑にまいて肥料にしたり、ゴミで動く車を考えました。太陽で電気を作ったり、ガスを使わずに料理をしたり出来るエコな町に住みたいです。畑で作った野菜を使って、地産地消も出来ればいいなぁと思いました。

★第21回まちづくりの絵コンクールのトップ★     ☆☆入選(22作品)☆☆

長崎県都市計画課ホームページバナー

著作権は長崎県に帰属しています。