長崎県のトップページへ戻ります。
分野別索引 所属別索引 キーワードで検索
検索のコツ


最 優 秀 賞(1作品)


【学校名】佐々町立佐々小学校6年
【氏名】森 斗宇弥(もり とうや)

【審査員コメント】
・色を重ねて、近いものと遠いものをうまく表現している作品。
・宇宙は無限であるが、地球は有限であることが伝わる作品。
・丁寧に描いてあり、未来へのメッセージが伝わる作品。

【本人コメント】
 僕は、宇宙の月に住み、地球と行き来し、人がゆっくりと住めるところをイメージして書いてみました。

 



優  秀  賞(5作品)


【学校名】対馬市立塩浦小学校1年
【氏名】下川 真世(しもかわ まよ)

【審査員コメント】
・空に向かって上っていく感じが伝わるよい作品。
・たくさんの色を使っているが、全体的にまとまっているすばらしい作品。
・明るくカラフルで、絵を描いてて楽しいという気持ちが伝わる作品。

【本人コメント】
 わたしのすんでいる対馬にはでんしゃはないけれど、だいすきなでんしゃにのっておそらのせかいまでいきたいです。おそらにはほしやおんぷやおかしがいっぱいあって、ぷーるであそべるおうちがあったらいいなとおもいました。
【学校名】長崎市立橘小学校2年
【氏名】向田 倖晟(むこうだ こうせい)
【審査員コメント】
・蛙の表情がよく描かれており、本当に鳴いているように思える作品。
・重なった色づかいであるが、濁ってなく、縁取りからも勢いを感じる作品。
・自然があふれるまちに住みたいんだなと思える作品。
【本人コメント】
 ぼくは、ふしぎなちきゅうをこのえにかきました。このまちには、にじいろのいえと、すごいかえるとうちゅうじんが、ぼくがきにいってるさくひんです。ぼくは、かえるがいちばんじょうずにかけたわけは、さいしょ、ろばにしようとしたら、かえるになったのですごかったです。
【学校名】長与町立長与小学校3年
【氏名】平野 郁実(ひらの あやみ)
【審査員コメント】
・空を飛んでいる人が吹いている楽器から音が聞こえてくるように感じる作品。
・自分のイメージでのびのびと描かれている作品。
・自分の周りにある環境が大事であることが伝わり、このまちに住みたいという気持ちが伝わる作品。
【本人コメント】
 私は、花や葉っぱの家に住みたいです。虫や動物、お年よりやお仕事をする人、体が不自由な人たちみんなに音楽のシャワーをふりそそいでいます。この町に住むといいかおりがして、みんながやさしい気持ちになれます。

【学校名】長崎市立愛宕小学校4年
【氏名】石田 元輝(いしだ げんき)
【審査員コメント】
・魚の形をした島が描いてあり、よいアイデアである。
・一つ一つがきちんと描かれており、自分でまちを作るならこんなまちにしたいという気持ちが伝わる作品。
・楽しいまちに住みたいと感じる作品。
【本人コメント】
 ぼくは、こんな町があったらいなぁと思ったのでこんなえをかきました。とくにぼくは、この町の中でおばけやしきとゲームセンターがすきです。
【学校名】佐世保市立中里小学校5年
【氏名】太田 実来(おおた みく)
【審査員コメント】
・お年寄りなど、いろいろな人が描かれており、自然の中でみんなが楽しく暮らせるまちにしたいという気持ちが伝わる作品。
・お城を一色で塗るのではなく、たくさんの色を使っているが、丁寧に描かれているところがよい。
・お城の上には太陽の旗が描かれており、自分たちの国旗は太陽であるという素敵なメッセージが伝わる作品。
【本人コメント】
 今、私たちの周りの緑が少なくなり、ぜつめつきぐしゅに指定されている生き物などがあるので、、もっと自然をふやして昔のような緑が多い町があったらいいなぁと思ってこの絵をかきました。あと、そのまちにおしろがあったらたのしいなぁと思っておしろをかきました。

★第20回まちづくりの絵コンクールのトップ★     ☆☆入選(15作品)☆☆

長崎県都市計画課ホームページバナー

著作権は長崎県に帰属しています。