日本では地震がいつどこで発生しても不思議ではありません。

皆さんは地震への備えはできていますか?

平成7年の阪神・淡路大震災では、約9割の方が住宅の倒壊が原因で亡くなっています。

特に昭和56年6月に耐震基準が強化される以前に建てられた住宅の被害が多かったとの報告があるため、本県でもこれらの住宅の耐震性を高める対策が求められていました。

そこで、県では市町と連携して、耐震に関する相談窓口の設置や、耐震診断・耐震改修のための助成事業を始めます。 
支援事業の内容については、こちらをクリック してください
耐震診断・改修に関する相談窓口を開設しました。窓口のご案内はこちらから
事業開始の時期などは、お住まいの市町村窓口にお尋ねください。市町の窓口はこちらから