Port Of Nagasaki Since 1571
 みなとの整備

  小ヶ倉柳地区における物流ターミナルの再編
 長崎港で唯一、公共施設として外国貿易を行っている小ヶ倉柳ふ頭において、物流の効率化を図るとともに、施設の老朽化対策や大規模地震対策を行い、利便性の高い、より使いやすいふ頭に再編しています。 >>もっと詳しく
 ● 事業期間 : 平成19〜31年度
 ● 総事業費 : 約123億円
 ● 事業主体 : 国土交通省、長崎県

(整備前)                             (H22整備中)

 

(H23整備中)                         (H25整備中)


(完成予想図)


  松が枝地区における国際観光船ふ頭の整備
 松が枝地区では、平成16年10月 日本初となる10万総トン級岸壁を計画し、平成21年3月に本格的に運用を開始しました。世界への玄関口として、国際ゲートウェイ機能の強化を図るため、国際ターミナルビルや緑地を整備しました。 >>もっと詳しく
 ● 事業期間 : 平成20〜22年度
 ● 総事業費 : 約19億円
 ● 事業主体 : 長崎県

(整備前)                             (H23.3完成時)


(H25現在)