その2 目的外使用
湾港施設
区分
単位区分
料金(単位 円)
備考
長崎港
その他の港
1 港湾施設用地
港湾施設用地使用料
1 広告塔、看板、電柱その他これらに類するもの及び水管、下水道管、ガス管その他の事業用各種管類
この項の使用料は、長崎県道路占用料徴収条例(昭和43年長崎県条例第18号)第2条に規定する占用料の例により算出した額とする。ただし、電柱類については電気通信事業法施行令(昭和60年政令第75号)別表第1に規定する土地等の使用の対価の例により算出した額とする。
1 使用目的が2以上に係るときは、高額の使用料による。
2 長崎県道路占用料徴収条例別表を準用する場合にあっては、同表中「甲地」とあるのは「長崎港」と、「乙地」とあるのは「その他の港」と読み替えるものとする。
2 物干場及び物置場
1平方メートル
1月
157
114
3 構築物(仮設構築物を含む。)
1平方メートル
1年
近傍地価に100分の6を乗じて得た額の範囲内で知事が定める額(その額が区分の2物干場及び物置場の料金に12を乗じて得た額に満たないときは、当該乗じて得た額)
4 プレジャーボート
船舶の長さ1メートル
1日
20円以内で知事が定める額
5 その他
   
知事がその都度定める額
2 緑地
福田マリーナ多目的広場及び運動広場使用料
出店、興行その他の営利を目的とするものを行うとき
 
1時間までごとに
600
 
      
備考 この表においては、次により使用料の額を算定する。
  1 1トン、1メートル、1平方メートル又は1日を単位とするものにあって、その使用が単位未満であるとき
   若しくは単位未満の端数が生じたときは、各々1トン、1メートル、1平方メートル又は1日とする。
  2 1年を単位とするものにあって、その使用が1年未満であるとき若しくは1年未満の端数が生じたときは、
   月割計算とし、その月の数が1月未満のものは、1月とする。
  3 1月を単位とするものにあって、その使用が1月未満であるとき若しくは1月未満の端数を生じたときは、
   1月を30日とした日割計算とする。
  4 算定した使用料の額に10円未満の端数を生じたときは、10円とする。ただし、目的外使用については、
   算定した使用料の額に100円未満の端数を生じたときは、100円とする。
(昭57条例35・昭59条例19・昭63条例8・平元条例27・平3条例19・平4条例27・平6条例24・平6条例42
・平7条例24・平7条例36・平8条例18・平9条例26・平9条例52・平10条例24・平11条例29・一部改正、
平12条例62・旧別表・一部改正、平13条例47・平13条例64・平14条例18・平15条例26・平16条例51
・平17条例36・平17条例72・平21条例30・一部改正)
港湾施設 区分 単位区分 料金(単位 円) 備考
長崎港 その他の港
岸壁、さん橋
(さん橋を含む。)及び物揚場
係船料 (漁船) 係留1回、24時間までごと、
総トン数1トンにつき
2.00 1.50 プレジャーボートとは、漁船、作業船、又は起重機船等の特殊船、業務用船舶及び国又は地方公共団体が所有する船舶を除く船舶
(総トン数
50トン未満の船舶)
係留1回、24時間までごと、
総トン数1トンにつき
3.42 2.78
(総トン数
50トン以上の船舶) 
係留1回、24時間までごと、
総トン数1トンにつき
4.20 3.20
(作業船、起重機船等の特殊船) 係留1回、24時間までごと、
船舶の長さ1メートルにつき
78 67
(定期航路船) 係留1回、2時間未満、総トン数1トンにつき 1.81 1.56
係留1回、2時間以上24時間までごと、
総トン数1トンにつき
2.49 2.17
(プレジャーボート) 係留1回、24時間までごと、
船舶の長さ1メートルにつき
25円以内で
知事が定める額
荷置料 (一般使用) 5日まで、1日1平方メートルにつき 3.83 2.79
6日以上、1日1平方メートルにつき 4.97 3.83
車両通過料 1台1回につき リヤカー、二輪自動車又は
自転車(原動機付自転車を含む。)
21 16 車両通過料については、船舶に積み込む車両に限る。
長さ5メートル未満の自動車 32 27
長さ5メートル以上の自動車 37 32
骨材積出施設
使用料
1台1回につき 116 -
係船くい 係船料 係留1回、24時間までごと、総トン数1トンにつき 4.35 -
マリーナ用
浮さん橋
福田マリーナ用
浮さん橋使用料
(専用使用)
1月につき、船舶長さ1メートルにつき
(船舶の長さが7メートル未満であるときは、7メートルとする。)
1,100 - 長さは、船舶の最先端から最後尾までのメートル実測とする。
航送船施設 係船料 係留1回、総トン数1トンにつき 2.3 2.3 可動橋の操作を必要としない施設の係船料は、2分の1とする。
車両通過料 1台1回につき 2輪自動車又は原動機付自転車 21 21
長さ5メートル未満の自動車 32 32
長さ5メートル以上10メートル未満の自動車 37 37
長さ10メートル以上の自動車 42 42
係船浮標 係船浮標
使用料
係留1回、
24時間までごとに
総トン数1,000トン未満の船舶 1,890 - 作業船、起重機船等の特殊船は、1,000トン未満の船舶とみなす。
総トン数1,000トン以上
      3,000トン未満の船舶
2,790 -
総トン数3,000トン以上
      5,000トン未満の船舶
4,280 -
総トン数5,000トン以上
      10,000トン未満の船舶
5,970 -
総トン数10,000トン以上
      20,000ン未満の船舶
9,060 -
総トン数20,000トン以上
      30,000トン未満の船舶
11,290 -
総トン数30,000トン以上
      50,000トン未満の船舶
16,260 -
総トン数50,000トン以上の船舶 18,540 -
上屋 元船上屋
使用料
一般使用 貨物搬入の日から15日以内
1日1平方メートルにつき
16.7 -
貨物搬入の日から16日以上
1日1平方メートルにつき
22.5 -
事務室 1月1平方メートルにつき 1,539 -
燻蒸上屋
使用料
A室 1日につき 31,110 -
C室 1日につき 63,150 -
荷捌上屋使用料 1日平方メートルにつき 9.27 -
福江港大波止
新上屋使用料
一般使用 貨物搬入の日から15日以内
1日1平方メートルにつき
- 13.9
貨物搬入の日から16日以上
1日1平方メートルにつき
- 18.8
事務室 1月1平方メートルにつき - 724
右以外の
上屋使用料
一般使用 コンクリート
鉄骨造
貨物搬入の日から15日以内
1日1平方メートルにつき
6.5 5.4 船積み又は船卸の外貿貨物は貨物搬入の日から3日以内無料とする。
貨物搬入の日から16日以上
1日1平方メートルにつき
8.8 7.7
木造その他 貨物搬入の日から15日以内
1日1平方メートルにつき
5.5 4.4
貨物搬入の日から16日以上
1日1平方メートルにつき
6.5 5.4
専用使用 コンクリート
鉄骨造
1月1平方メートルにつき 238 197
木造その他 1月1平方メートルにつき 197 166
荷捌地 荷捌地使用料 一般使用 未舗装 15日まで、1日1平方メートルにつき 2 1.5
16日以上、1日1平方メートルにつき 3 2
舗装 15日まで、1日1平方メートルにつき 3.04 2.29
16日以上、1日1平方メートルにつき 3.25 2.44
野積場 野積場使用料 未舗装 15日まで、1日1平方メートルにつき 2 1.5
16日以上、1日1平方メートルにつき 3 2
舗装 15日まで、1日1平方メートルにつき 3.04 2.29
16日以上、1日1平方メートルにつき 3.25 2.44
砂置場 1日1平方メートルにつき 6.8 5.23 「砂置場」とは、ブロック及びフェンスに囲まれた砂等を専ら保管する施設をいう。
コンテナヤード使用料 1月1平方メートルにつき 8.33 -
倉庫 倉庫使用料 1月1平方メートルにつき 197 166
事務室 事務室使用料 1月1平方メートルにつき 414 -
荷役機械 フォークリフト使用料 1台1時間までごとに 8,150 - 使用時間30分以下の端数を生じた場合は、当該使用時間につき1時間の使用料の半額を徴収する。
ストラドルキヤリア使用料 1台1時間までごとに 17,630 -
タイヤマウント式クレーン使用料 1台1時間までごとに 23,980 -
プレジャーボート用特定係留施設 係船料 専用使用 1隻1日船舶の長さ1メートルにつき 25円以内で
知事が定める額
給電施設 冷凍コンセント使用料 1口1時間までごとに 350 -
船舶保管
施設
福田マリーナ
ヤード使用料
専用使用1月につき ディンギーヤード 3,700 - 「ディンギーヤード」とは、ディンギー型ヨット(センターボードの上げ下ろしが手動でできる、船長6メートル未満の船室を有しないヨットをいう。)を保管するためのヤードをいう。
ボードヤード
船舶の長さ1メートルにつき(船舶の長さが7メートル未満であるときは、7メートルとする。)
940 -
福田マリーナ
船台使用料
専用使用1台1月につき 2,375 -
船揚場(上下架施設のこととし、斜路は除く。) 福田マリーナ
上下架施設使用料
専用使用 1月につき 432,800 -
臨港交通
施設
 
長崎港
ターミナルビル
駐車場使用料
自動車1台につき
(1時間を超え
1時間30分以内)
昼間(午前8時から午後8時まで) 360 - 30分を単位とする駐車場使用料については、使用時間24時間までごとの上限額を2,880円とする(離島を船舶で往復する場合であって、知事が別に定めるものについては、1,440円とする)。
夜間(午後8時から午前8時まで) 180 -
自動車1台30分につき
(1時間30分を超えた場合)

昼間(午前8時から午後8時まで) 120 -
夜間(午後8時から午前8時まで) 60 -
自動車1台1月につき 17,470 -
県営出島
駐車場使用料
自動車1台30分につき 昼間(午前8時から午後8時まで) 120 - 30分を単位とする駐車場使用料については、使用時間24時間までごとの上限額を2,880円とする。
夜間(午後8時から午前8時まで) 60 -
自動車1台1月につき 17,470 -
県営常盤
駐車場使用料
自動車1台30分につき
 
昼間(午前8時から午後8時まで) 120 - 30分を単位とする駐車場使用料については、使用時間24時間までごとの上限額を2,880円(バスは2,400円)とする。 
夜間(午後8時から午前8時まで)  60 -
自動車1台1月につき  17,470  -
バス1台30分につき
昼間(午前8時から午後8時まで) 600 -
夜間(午後8時から午前8時まで) 300 -
島原港
駐車場使用料
自動車1台につき
(1時間を超え
1時間30分以内)
昼間(午前8時から午後8時まで) - 150
夜間(午後8時から午前8時まで) - 90
自動車1台につき
(1時間30分を超え
30分までごとに)
昼間(午前8時から午後8時まで) - 50
夜間(午後8時から午前8時まで) - 30
自動車1台1月につき - 5,000
福江港
駐車場使用料    
自動車1台につき
(1時間を超え
1時間30分以内)
昼間(午前8時から午後8時まで) - 150 使用時間24時間までごとの上限額を500円とする。    
夜間(午後8時から午前8時まで) - 90
自動車1台につき
(1時間30分を超え
30分までごとに)
昼間(午前8時から午後8時まで) - 50
夜間(午後8時から午前8時まで) - 30
緑地 福田マリーナ
多目的広場及び運動広場使用料
運動会、集会、展示会その他営利を目的としないものを行うとき、
1時間までごとに
300 -
泊地 泊地使用料 プレジャーボート 係留1回、24時間までごと、
船舶の長さ1メートルにつき
20円以内で
知事が定める額
漁船 係留1回、24時間までごと、
総トン数1トンにつき
1.6 1.2
その他の総トン数50トン未満の船舶 係留1回、24時間までごと、
総トン数1トンにつき
2.74 2.22
その他の総トン数50トン以上の船舶 係留1回、24時間までごと、
総トン数1トンにつき
3.36 2.56
マリーナ環境整備施設     福田マリーナ環境整備施設事務室使用料   専用使用
1月1平方メートルにつき 1,281  
上記以外の使用に係る使用料   専用使用 1月1平方メートルにつき  1,356  
マリーナ用船舶修理施設   福田マリーナ用船舶修理施設使用料 専用使用  1月1平方メートルにつき  531  
トップページへ
港湾施設使用料
その1 通常使用
トップページへ