晴天続きの中、スピリットオブオセアヌス(総トン数4,200トン)が10月7日に続いて、再び入港しました。



<平成20年10月17日>

長崎港 
      スピリットオブオセアヌスが入港しました。

 出港前には、歓迎セレモニーとして、船内で緑が丘保育所の園児たちによるちびっこ龍踊りもあったようです。
 そして、今回も長崎南高校のブラスバンド演奏によるすばらしい見送りとなりました。

 長崎港に2006年に初めて寄港してから2年になりますが、
今回は20回目の記念の入港となりました。
セレモニーを終えたばかりの園児たち。
いい思い出になったでしょうか?
演奏には、乗客だけでなく、園児たちもノリノリでした。