帆船「ナジェジュダ」(露)が松ヶ枝岸壁着岸
  〜帆船が相次いで入港 長崎帆船まつりに期待ふくらむ〜
 2月に寄港した「日本丸」についで、3/15(月) ロシアの帆船「ナジェジュダ」(2279d)が松ヶ枝国際観光ふ頭に着岸しました。
 「ナジェジュダ」は、ロシア極東海洋アカデミー所属の練習船で、ウラジオストック港を母港とし、船員の育成を行っています。
 
 4/23〜27、長崎港で開かれる「2004長崎帆船まつり」には、「ナジェジュダ」と同じロシアから「パラダ」が参加する予定になっています。

 

 戻る 
H16.3.15 「ナジェジュダ」松ヶ枝ふ頭着岸の様子
H16.2.8 「日本丸」長崎来港
H16.3.15 「ナジェジュダ」着岸の風景