戻る 
ちょっとした話
たくさんのベンチ?
「長崎水辺の公園」には、たくさんの種がまかれています。
これはその昔、長崎が近代への変革の種となったことにちなみ、
新たに息づく「長崎水辺の森公園」に大きな希望と期待をこめ、たくさんの種がまかれました。
今それらの種は、来場されたみなさんの疲れを癒したり、子供の良き遊び相手として親しまれております。
  
公園の番人?
「長崎水辺の公園」には、亀が3匹住んでいるそうです。

水が満ちてくると、恥ずかしくて2匹はすぐに隠れてしまいます。
公園の入口辺りと・・・
なぜ、ここにいるのでしょうか?
みなさんも、もし出会ったら仲良くしてください。
生き物なので、決して傷つけたりしないようにお願いします。
わき出る水のなぞ?
噴水の水は、
山間からのわき出た自然の水を利用して創り出されています。

しかし自然に勢いよく水を噴き出すには、どこか高い所にに水を貯めないといけません。
これが近くにある木槽です・・・
この木槽に貯めるには、10分ぐらい時間がかかります。
だから、水が出たり止まったりするのです。
しかし、この間隔が子供たちの遊び心を楽しませているようですね・・・