福江港 旅客ターミナルビル完成

〜五島の玄関口 平成17年3月25日供用開始〜


(「福江港旅客ターミナルビル」の概要)
 福江港は、下五島の玄関口として人流・物流の拠点となっており、現在年間約70万人を超える乗降客が利用しています。新旅客ターミナルビルは、昭和42年に建設された旧旅客ターミナルビルの約1.8倍と広く、フェリー岸壁や浮桟橋とはボーディングブリッジ等で連結され、雨天時も濡れずに船舶へ乗り降りが可能です。
 ターミナル周辺では、緑地広場や送迎用の駐車場等を整備中で、来年春の完成を目指しております。

1.施設の概要
場所    : 福江港大波止地区
規模    : 鉄筋コンクリート構造2階建て 延べ床面積2,330u
特徴    : 壁面などに五島で算出する自然石を予定
         バリアフリー対応エレベーターなど
2.「旅客ターミナルビル」完成
  
福江港 旅客ターミナル(左:全景、右:ターミナル内部)

 戻る