このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
サイト共通のメニューへ
このページの情報へ

長崎県ホームページ


ページの先頭へ

ここからこのページの情報です。

パンくずリスト(現在位置の表示)



 長崎県土木部建築課 審査指導班のページ

 
 ※ 他法令の手数料がある場合は、下記手数料に加え、別途支払うことになります。

1.長崎県の建築確認・中間検査・完了検査手数料(H29.4.1改訂)
  確認申請 中間検査 完了検査   計画変更
確認申請
大規模修繕
大規模模様替
移転
用途変更
確認申請
 
大規模修繕
大規模模様替
移転
完了検査
 
 省エネ適判無し 省エネ適判有り
中間無 中間有  中間無 中間有 


30u以内 7,000 13,000 14,000 13,000     計画変更対象床面積に1/2を乗じたものを床面積とみなして左欄を適用
(床面積が増加する場合は、その増加する床面積)
申請対象床面積に1/2を乗じたものを床面積とみなして左欄を適用 申請対象床面積に1/2を乗じたものを床面積とみなして左欄を適用
30uを超え
100u以内
13,000 16,000 17,000 16,000    
100uを超え
200u以内
20,000 22,000 23,000 22,000    
200uを超え
500u以内
28,000 28,000 32,000 30,000 38,000 36,000
500uを超え
1000u以内
48,000 49,000 53,000 52,000 63,000 620,00
1000uを超え
2000u以内
71,000 66,000 74,000 69,000 88,000 83,000
2000uを超え
10000u以内
207,000 147,000 178,000 161,000 211,000 194,000
10000uを超え
50000u以内
311,000 222,000 260,000 252,000 308,000 300,000
50000u超
531,000 407,000 455,000 445,000 539,000 529,000
建築
設備
エレベーター等 11,000 16,000     7,000
小荷物専用昇降機 6,000 10,000     4,000
工作物 11,000 12,000     6,000
ページの先頭へ

◆建築物省エネ法に基づく「建築物エネルギー消費性能適合性判定」手数料については、
 省エネ適判及び省エネ計画の届出についてのページをご覧ください。


2.構造計算適合性判定手数料
床面積 一般の判定 高度な判定
ピアチェック 再計算 ピアチェック 再計算
1000u以下 186,000 162,000 216,000 148,000
1000uを超え
2000u以内
227,000 183,000 290,000 185,000
2000uを超え
10000u以内
249,000 193,000 331,000 203,000
10000uを超え
50000u以内
311,000 224,000 441,000 258,000
50000u超 519,000 327,000 813,000 442,000
【手数料の算出等に関する注意点】
・判定手数料は、構造的に独立した建築物の部分毎の床面積により算出します。
・床面積 0.0uの建築物(渡り廊下等)でも、「1,000u以下」の区分による手数料が必要になる場合があります。
・判定手数料は、建築主事等への確認申請時に確認申請手数料と一緒に支払うことになります。
※詳しくは、所管の特定行政庁又は指定確認検査機関へ確認ください。
ページの先頭へ

3.道路位置指定申請手数料
非自己用(自己用以外のもの全て)【新規・変更・廃止】 1件につき、50,000円
自己用(自己の居住又は業務用)【新規・変更・廃止】 1件につき、5,000円
ページの先頭へ

4.許可、認定等手数料
建築基準法条文 手数料の名称 手数料
建築基準法第7条の6第1項第1号、第2号

検査済証の交付を受ける前における建築物等の仮使用認定申請又は仮使用認定通知手数料

120,000
建築基準法第43条第1項ただし書

建築物の敷地と道路との関係の建築許可申請手数料

33,000
建築基準法第44条第1項第2号 公衆便所等の道路内における建築許可申請手数料 33,000
建築基準法第44条第1項第3号 道路内における建築認定申請手数料 27,000
建築基準法第44条第1項第4号 公共用歩廊等の道路内における建築許可申請手数料 160,000
建築基準法第47条ただし書 壁面線外における建築許可申請手数料 160,000
建築基準法第48条各項(同法第87条第2項若しくは第3項又は第88条第2項において準用する場合を含む。) 用途地域における建築等許可申請手数料 180,000
建築基準法第51条ただし書(同法第87条第2項若しくは第3項又は第88条第2項において準用する場合を含む。) 特殊建築物等敷地許可申請手数料 160,000
建築基準法第52条第10項、第11項、第14項 建築物の延べ面積等の特例許可申請手数料 160,000
建築基準法第53条第4項 壁面線の指定又は壁面の位置の制限に係る建築物の建ぺい率の特例許可申請手数料 33,000
建築基準法第53条第5項第3号 建築物の建ぺい率に関する制限の適用除外に係る許可申請手数料 33,000
建築基準法第53条の2第1項第3号又は第4号(同法第57条の5第3項において準用する場合を含む。) 建築物の建築面積の許可申請手数料 160,000
建築基準法第55条第2項 建築物の高さの特例認定申請手数料 27,000
建築基準法第55条第3項各号 建築物の高さの許可申請手数料 160,000
建築基準法第56条の2第1項ただし書 日影による建築物の高さの特例許可申請手数料 160,000
建築基準法第57条第1項 高架の工作物内に設ける建築物の高さに関する制度の適用除外に係る認定申請手数料 27,000
建築基準法第59条第1項第3号 高度利用地区における建築物の容積率及び建ぺい率並びに建築面積の特例許可申請手数料 160,000
建築基準法第59条第4項 高度利用地区における建築物の各部分の高さの許可申請手数料 160,000
建築基準法第59条の2第1項 敷地内に広い空地を有する建築物の容積率又は各部分の高さの特例許可申請手数料 160,000
建築基準法第60条の3第3項第2号 特定用途誘導地区内における建築物の高さに関する制限の適用除外に係る許可申請手数料 160,000
建築基準法第67条の3第3項第2号、第5項第2号、第9項第2号 特定防災街区整備地区内における建築物の敷地面積、壁面の位置又は間口率及び高さに関する制限の適用除外に係る許可申請手数料 160,000
建築基準法第68条の3第1項、第3項 再開発等促進区等における建築物の容積率、建築物の建ぺい率又は建築物の高さに関する制限の適用除外に係る認定申請手数料 27,000
建築基準法第68条の3第4項 再開発等促進区等における建築物の各部分の高さに関する制限の適用除外に係る許可申請手数料 160,000
建築基準法第68条の3第7項 建築物の建築の制限の適用除外に関する認定申請手数料 27,000
建築基準法第68条の4第1項 地区計画等の区域における公共施設の整備の状況に応じた建築物の容積率に関する制限の適用除外に係る認定申請手数料 27,000
建築基準法第68条の5の3第2項 地区計画等の区域における建築物の各部分の高さの特例許可申請手数料 160,000
建築基準法第68条の5の5第1項、第2項 地区計画等の区域における前面道路の幅員に応じた建築物の容積率又は各部分の高さに関する制限の適用除外に係る認定申請手数料 27,000
建築基準法第68条の5の6 地区計画等の区域における建築物の建ぺい率に関する制限の適用除外に係る認定申請手数料 27,000
建築基準法第68条の7第5項 予定道路に係る建築物の延べ面積の特例許可申請手数料 160,000
建築基準法第85条第5項 仮設建築物建築許可申請手数料 120,000
建築基準法第86条第1項 一団地に建築される1又は2以上の構えを成す建築物の特例認定申請手数料 <n≦2>
78,000
<n≧3>
78,000+28,000×(n-2)
建築基準法第86条第2項 既存建築物と前提とした総合的見地からした設計による建築物の特例認定申請手数料 <n=1>
78,000
<n≧2>
78,000+28,000×(n-1)
建築基準法第86条第3項 敷地内に広い空地を有する一の敷地とみなす一団地に建築される1又は2以上の構えを成す建築物の各部分の高さ又は容積率の特例許可申請手数料 <n≦2>
220,000
<n≧3>
220,000+28,000×(n-2)
建築基準法第86条第4項 敷地内に広い空地を有する既存建築物を前提とした総合的見地からした設計による建築物の各部分の高さ又は容積率の特例許可申請手数料 <n=1>
220,000
<n≧2>
220,000+28,000×(n-1)

※nは既存建築物を除く
建築基準法第86条の2第1項 一敷地内認定建築物以外の建築物の建築認定申請手数料 <n=1>
78,000
<n≧2>
78,000+28,000×(n-1)

※nは一敷地内認定建築物を除く
建築基準法第86条の2第2項 一敷地内認定建築物以外の建築物の各部分の高さ又は容積率の特例許可申請手数料 <n=1>
220,000
<n≧2>
220,000+28,000×(n-1)

※nは一敷地内認定建築物を除く
建築基準法第86条の2第3項 一敷地内許可建築物以外の建築物の特例許可申請手数料 <n=1>
220,000
<n≧2>
220,000+28,000×(n-1)

※nは一敷地内許可建築物を除く
築基準法第86条の5第1項 一の敷地とみなすこと等の認定又は許可の取消し申請手数料 6,400+12,000×m
※mは現に存する建築物の数
建築基準法第86条の6第2項 一団地の住宅施設に関する都市計画に基づく建築物の容積率、建ぺい率、外壁の後退距離又は高さに関する制限の適用除外に係る認定申請手数料 27,000
建築基準法第86条の8第1項 既存の一の建築物について2以上の工事に分けて工事を行う場合の当該2以上の工事の全体計画に関する認定申請手数料 27,000
建築基準法第86条の8第3項 既存の一の建築物について2以上の工事に分けて工事を行う場合の認定を受けた全体計画の変更に係る認定申請手数料 27,000
※n=建築物の数
ページの先頭へ

5.手数料の減免の範囲について
【平成19年3月26日付け18建第368号】
 長崎県建築関係手数料条例第5条で「知事は、天災その他特別の事情があると認める者に対しては、手数料を減免することができる。」と規定しており、この規定に基づき12建第296号でその手数料を減免することができる範囲を定めているところですが、平成19年4月及び6月に施行する同条例の一部改正に伴い、下記のとおり改正しましたので通知します。


(1) 知事は、次の各号に掲げる場合においては、手数料を減免することができる。
1 建築基準法(昭和25年法律第201号。以下「建築基準法」という。)の施行に係るもののうち災害により自ら居住する住宅を滅失し、又は破損された者が、その災害の発生した日から6 月以内にこれを建築し、大規模の修繕又は大規模の模様替をする場合
2 別表第1に掲げる建築確認、許可、承認、認定の申請において、長崎県が申請する場合(ただし、構造計算適合性判定に係る手数料を除く。)
3 知事が特に認める災害の被災者が自ら居住するための住宅の敷地の宅地造成に関して、その災害が発生した日から6月以内に宅地造成等規制法(昭和36年法律第191号)第8条第1項の許可を申請する場合
4 公営住宅法(昭和26年法律第193号)に基づく公営住宅又は住宅地区改良法(昭和35年法律第84号)に基づく改良住宅の建設に関して、宅地造成等規制法(昭和36年法律第191号)第8条第1項の許可を申請する場合
5 前4号に掲げるもののほか、知事が特別の事由があると認める場合

(2) (1)の各号により手数料の免除を受けようとする者は、次の各号により知事に免除申請を行うものとする。
1 (1)の1号又は3号による場合は、建築関係手数料免除申請書(様式第1号)に、市町村長又は消防長の発行する罹災証明書を添えて提出するものとする。
2 (1)の2号又は4号による場合は、建築関係手数料免除申請書(様式第1号)を提出するものとする。
3 (1)の5号による場合は、建築関係手数料免除申請書(様式第1号)に当該事由を証明する書類を添えて提出するものとする。
建築関係手数料免除申請書(様式第1号)のダウンロード(wordファイル)
ページの先頭へ

《お問い合わせ》 長崎県 土木部 建築課 審査指導班
          TEL 095-824-1111(内3093)
          FAX 095-827-3367


 建築課HP TOPへもどる


ここまでがこのページの情報です。
ページの先頭へ

現在、スタイルシートが適用されていないため、 画面上のデザインは再現されていません。 スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
ページの先頭へ