平成20年7月10日

 

各 位

 

長崎県土木部まちづくり推進局

建築課審査指導班   

 

改正建築士法施行に伴う建築士事務所の
管理建築士の要件について

 

 平成20年11月28日に改正建築士法が施行され、管理建築士になるためには建築士として3年間の実務経験を積んだ後、管理建築士講習の受講が必要になります。

 建築士事務所の新規登録・更新登録・変更手続きについては、下記の点にご留意いただきますようお願いします。

 

 

1.平成20年11月28日以降に建築士事務所を新規登録する場合

 建築士事務所の管理建築士は、「管理建築士講習」を修了した方である必要があります。

 

2.現在、建築士事務所登録をしている場合

 法施行時点で既に建築士事務所の管理建築士として登録されている方については、3年以内に管理建築士講習を受講する必要があります。建築士としての実務経験が3年に満たない方は、3年以内の期間に実務経験の要件を満たし、管理建築士講習を受講してください。

 

3.平成20年11月28日以降に建築士事務所の管理建築士を変更する場合

 改正建築士法の施行後に、管理建築士を変更する場合、変更後の管理建築士は管理建築士講習を修了した建築士である必要があります。現在、管理建築士をしている方で、法施行後、別の建築士事務所の管理建築士となる場合も、管理建築士講習の受講が必要です。   

建築士事務所の管理建築士の変更の可能性がある場合には、早く管理建築士講習を受講するようお願いします。

 

4.平成20年 管理建築士講習について

 開催日時:平成20年11月17日(月) 9:15〜17:30

 会  場:長崎県総合福祉センター5階大会議室(長崎市茂里町3−24)

 定  員:350名

 申 込 先:(社)長崎県建築士事務所協会(095−826−7010)

 申込期間:7月18日(金)まで