完了検査率の向上に向けた現在の取り組みについて

 

平成20年6月

建  築  課

 

<長崎県でのこれまでの取り組み>

長崎県では、建築物安全安心実施計画に基づき、平成11年度から16年度にかけ二期にわたり建築主・設計者に対し周知を図るなど等、完了検査率を向上する取組みを実施してきたところです。

その結果、平成10年当時約38%だった完了検査率が平成19年度実績で81%程度まで向上している状況です。

しかしながら、達成目標は平成16年度に90%としていたものの、現在もその目標が達成されていない状況にもあります。

 本県では、完了検査率等を100%とする目標に向け、引き続き完了検査率の向上を目指すものとし、建築物の安全・安心の確保に努めます。

 

@長崎県の完了検査率の推移(H10年度〜H19年度)

 

A長崎県の現在の取り組み


 

≪審査指導班TOPへ戻る≫

 

≪建築課TOPへ戻る≫