建築物の吹き付けアスベスト等に関する法律が改正されました。
平成18年10月1日に『石綿による健康等に係る被害の防止のための大気汚染防止法等の一部を改正する法律』が施行され、建築基準法に関係する規定が一部改正されました。
【改正内容】

@吹き付け石綿及び吹き付けロックウールで、その含有する石綿の重量が、当該建築材料の重量の『0.1%』を超えるもの(以下、石綿等規制材料という。)の使用禁止
【確認申請時の添付書類等について】

平成18年10月1日より、既存建築物に増改築等を行う場合、下記の書類を確認申請書に添付し、提出をお願いします。

◎アスベスト調査報告書   >>>様式はコチラ
【完了検査時の添付書類等について】

上記の建築物に係る完了検査申請時には、下記書類を添付し、提出をお願いします。

◎完了検査申請書の第4面様式の『備考欄』に工事監理状況を記載して下さい。
◎工事完了報告書を提出して下さい。(囲い込みの場合、隠蔽部分の工事施工写真を添付して下さい。


>>>>上記内容を取りまとめたチラシはコチラから入手して下さい。
A建築物の増改築時における除去等を義務付け
  ○増改築時には、原則、既存部分の石綿等規制材料の除去が義務付けられます。
    ただし、下記の場合、封じ込め及び囲い込みの措置を許容します。
    ▼増築部分の床面積が、増改築前の床面積の1/2を超えない場合
  ○大規模な修繕(模様替え)時には、修繕(模様替え)以外の部分については、封じ込め及び囲い込みの措置を許容します。
  ○工作物についても、建築物と同様の規制がかかります。

>>>>適用事例はコチラを参照ください。
石綿等
規制材料
使用禁止
・吹き付け石綿
・吹き付けロックウール
×
  <囲い込み工法>
  <封じ込め工法>