長崎県における指定構造計算適合性判定機関による 構造計算適合性判定業務の実施について

 長崎県では、平成19年6月20日より長崎県知事自ら「構造計算適合性判定業務」を実施してきましたが、指定構造計算適合性判定機関の指定により、平成21年4月1日以降は指定構造計算適合性判定機関が実施することになります。

 平成21年4月1日から構造計算適合性判定業務を行なう機関
   ◆(財)日本建築センター
   ◆日本ERI(株)
   ◆(株)国際確認検査センター
   ◆(株)建築構造センター

  ※詳細な情報に関しては、審査指導班の《お知らせ》をご覧下さい。


 なお、平成21年3月31日までに長崎県において受理された判定依頼につきましては、継続して長崎県が構造計算適合性判定業務を行います。 
 ※判定依頼を年度末付近に郵送(宅配)等により行われる建築主事及び指定確認検査機関については、事前に当機関まで連絡くださいますようお願いします。




BACK