構造計算判定班

新着情報

構造計算適合性判定業務
 平成18年6月21日に公布された「建築物の安全性の確保を図るための建築基準法等の一部を改正する法律」により、高さ20mを超える鉄筋コンクリート造の建築物など一定の高さ以上等の建築物について、都道府県知事又は指定構造計算適合性判定機関による「構造計算適合性判定」が義務付けられました。
 長崎県では、平成19年6月20日の施行にあたり、長崎県知事自ら「構造計算適合性判定(建築基準法第18条の2により指定された指定構造計算適合性判定機関が行うものを除く。)」を実施します。
構造計算適合性判定の目的
構造計算適合性判定の業務範囲(大臣認定プログラム導入状況)
構造計算適合性判定の実施方法
構造計算適合性判定の標準的な流れ
構造計算適合性判定の対象建築物
構造計算適合性判定の手数料
事前相談
                                                               その他>>>

データ集
 構造計算適合性判定業務に関するデータを掲載していきます。
長崎県の構造計算適合性判定状況(平成21年1月末現在)
最近の建築確認件数等の状況について【国土交通省発表資料】(平成20年12月末現在)
改正建築基準法に係る情報提供【(財)建築行政情報センターHP内】(平成21年1月末現在)
改正建築基準法に係る情報提供【日本建築行政会議HP内】(平成21年1月末現在)
                                                                その他>>>

ダウンロードサービス
 長崎県における、構造計算適合性判定依頼等に必要な様式等をダウンロードできます。


問合せ先
〒850-8570
 長崎県長崎市江戸町2−13
  長崎県土木部まちづくり推進局建築課 構造計算判定班
   TEL:095-894-3098
   FAX:095-894-3463
   E-mail:kouzouhantei@pref.nagasaki.lg.jp




HOME