耐震化促進支援チーム発足式(平成20年9月17日)

 

長崎県は、県内市町の小中学校の耐震化を促進させるため、耐震診断、工事のアドバイスを行う「耐震化促進支援チーム」を発足させました。

メンバーは、建築課から4名、県内の各地方機関の建築担当者6名の合計10名で構成されています。

県内の県立学校の耐震化率は平成20年4月現在で61.7%、小中学校は38.9%で、全国最低にとどまっています。

この状況を改善するため、支援チームでは、主に耐震診断や施工業者の選定方法、入札予定価格の設定に必要な設計書の積算方法など、耐震化に必要なノウハウを市町に伝え、他にも、市町が耐震化を進める上での疑問について、随時アドバイスを行います。

 

    

桑原土木部長からの訓示         各地方機関6名の精鋭です

 

    

桑原土木部長より、各メンバーに任命書が手渡されました。

 

    

 

    

 

    

安武建築課長のあいさつ         桑原土木部長と支援チーム10名で記念撮影

    

テレビ局からインタビューを受けました   発足式後の第1回会議の様子です