このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
サイト共通のメニューへ
このページの情報へ

長崎県ホームページ


ページの先頭へ

ここからこのページの情報です。

パンくずリスト(現在位置の表示)


宅地耐震化推進事業(大規模盛土造成地マップの公表)

□はじめに

 平成7年の兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)、平成16年の新潟県中越地震などの大地震において、谷や沢を埋め立てた造成団地の盛土部分を中心に、地すべり的な滑動崩落現象が発生し、宅地や団地内の道路、水道、下水道といった公共施設にも大きな被害をおよぼすこととなりました。先の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)や平成28年熊本地震においても、津波や地盤の液状化による被害のほか、大規模盛土造成地における滑動崩落現象による宅地被害が多数報告されています。

長崎県では、このような「大規模盛土造成地」における被害の軽減・防止を目的として、平成26年度より宅地耐震化推進事業に取組んでおり、「大規模盛土造成地マップ」を作成しましたので公表します。


□大規模盛土造成地とは

 宅地造成等規制法施行令第19条第1項第1号に規定されており、盛土造成地のうち次のいずれかの要件を満たすものを大規模盛土造成地としています。 

1)谷埋め型大規模盛土造成地
  谷等を埋め立てた造成宅地で、その盛土の面積が3,000平方メートル以上のもの 

2)腹付け型大規模盛土造成地
  傾斜地盤上などに盛土した造成宅地で、盛土をする前の地盤の傾斜が20度以上で、かつ、盛土の高さが5メートル以上のもの


   
                                    (国土交通省ホームページより)

※丘陵地において、地山を切土盛土し、ひな壇状に造成した宅地は大規模盛土造成地に   該当しません。

□大規模盛土造成地マップについて

 本県では、国の宅地耐震化推進事業の補助制度を活用し、平成26年度より変動予測調査(第一次スクリーニング)に取組んでおり、長崎市及び佐世保市を除く県内の区域における大規模盛土造成地の所在の把握に努めています。

 本マップの作成にあたっては、土地の造成前の旧地形図と造成後の直近の地形図を重ね合わせて、その標高差のデータから盛土造成地を抽出し、大規模盛土造成地の所在を分布図として示しています。
 なお、本マップにて表示した部分は、単に大規模盛土造成地に該当する概ねの規模と位置を示すものであり、地震時に危険な箇所として示したものではありません

改ページ

                                         ( 国土交通省ホームページより)

□本マップの閲覧方法

 本マップは、インターネット(長崎県建築課ホームページ)による閲覧のほか、該当地区ごとに県及び市町(長崎市、佐世保市を除く。)の関係窓口で図面により閲覧できます。
・県関係機関(各振興局建築課もしくは建築班)

・関係市町(長与町、時津町、島原市、諫早市、大村市、雲仙市、南島原市、平戸市、松浦       市、西海市、東彼杵町、川棚町、波佐見町、佐々町、対馬市、壱岐市、五島市        、新上五島町、小値賀町)


□大規模盛土造成地マップ(PDF版)
・本マップは市町ごとに大規模盛土造成地の概ねの位置を記したものです。

※島原市    ※諫早市    ※大村市     ※平戸市     ※松浦市     対馬市

 壱岐市     五島市     ※西海市    ※雲仙市    ※南島原市

※長与町    ※時津町     ※東彼杵町     ※川棚町     ※波佐見町     小値賀町

佐々町     新上五島町

※印の市町について閲覧可能です。

○本マップに関するQ&Aはこちら ⇒ Q&A

○大規模盛土造成地マップに関するパンフレットはこちら ⇒ パンフレット

□長崎市及び佐世保市の取組み状況

 長崎市及び佐世保市の取組みについては、各市のホームページをご確認ください。
長崎市(ホームページへのリンク)
・佐世保市 ※現在情報は有りません。
 


□関係リンク

 国及び全国の自治体の取組み状況については、国土交通省のホームページをご確認ください。
国土交通省ホームページ(宅地防災


 建築課HP TOPへもどる

ここまでがこのページの情報です。
ページの先頭へ

現在、スタイルシートが適用されていないため、 画面上のデザインは再現されていません。 スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
ページの先頭へ