1章   開発許可制度の概要
 2節       主な用語の定義

1-2-7 市街化区域と市街化調整区域および非線引き都市計画区域(法7条第2項、第3項)
法第7条(区域区分)

 
都市計画区域について無秩序な市街化を防止し、計画的な市街化を図るため必要があるときは、都市計画に、市街化区域と市街化調整区域との区分(以下「区域区分」という。)を定めることができる。(中略)
 2 市街化区域は、すでに市街地を形成している区域及びおおむね十年以内に優先的かつ計画的に市街化を図るべき区域とする。
 3 市街化調整区域は、市街化を抑制すべき区域とする。
 都市計画法第7条では、都市計画区域の中に無秩序な市街化を防止し、計画的な市街化を促進する必要があるときは、市街化区域と市街化調整区域との区分(「区域区分」)を定めることができるとされている。

■非線引都市計画区域(区域区分非設定都市計画区域)
 都市計画区域のうち、法第7条による区域区分を行っていない区域をいう。