1章          開発許可制度の概要
 2節 主な用語の定義

1-2-4 公共施設(法第4条第14項)
法第4条(定義)

 14 この法律において「公共施設」とは、道路、公園その他政令で定める公共の用に供する施設をいう。
令第1条の2(公共施設)

  法第4条第14項の政令で定める公共の用に供する施設は、下水道、緑地、広場、河川、運河、水路及び消防の用に供する貯水施設とする。 

 「公共施設」とは、道路、公園、下水道、緑地、広場、河川、運河、水路及び消防の用に供する貯水施設をいう。
① 道路
 道路交通法第2条第1項第1号に規定する道路、自動車道及び一般交通の用に供するその他の場所をいう。
 したがって、一般に開放されている農業用道路その他の交通が特定の者に限定されていない私道も「道路」に含まれる。
② 下水道
 下水道法第2条第2号に規定する下水道(排水管、排水渠、その他の排水施設、処理施設、ポンプ場)のことである。
③ 河川
 河川法第4条及び第5条に規定する一級河川及び二級河川のほか、準用河川及び普通河川も含まれる。
④ 消防水利
 消防法第20条第2項に規定する、消防に必要な水利施設及び第21条第1項により消防水利として指定したものをいう。
  →消火栓、私設消火栓、防火水槽、池、濠、井戸など
  ■消防法第20条1項に基づく「消防水利」の基準(消防庁告示)