1章  開発許可制度の概要
 2節          主な用語の定義

1-2-1開発行為の定義(法第4条第12項)
法第4条(定義)

12 この法律において「開発行為」とは、主として建築物の建築又は特定工作物の建設の用に供する目的で行う土地の区画形質の変更をいう。
 
 具体的には、次の二つの要件の両方を満たす行為が、開発行為に該当する。
      当該行為が、建築物の建築又は特定工作物の建設の用に供することを目的(以下この節において「建築等の目的」という。)としていること。
② 土地の「区画の変更」、「形状の変更」又は「性質の変更」をする行為であること。

1.土地の区画の変更
 開発行為に該当する「土地の区画の変更」とは、「建築等の目的」で宅地の境界を変更し、または道路等の公共施設に係る土地の境界を変更(新設、廃止等)する行為をいう。

2.土地の形状の変更
 開発行為に該当する「土地の形状の変更」とは、「建築等の目的」で、切土(1m以上)又は盛土(50cm以上)もしくはその両方(合わせて1m以上)をする造成することをいう。
 ただし、建築物の基礎工事のための掘削等の行為は、土地の形状の変更には該当しない。 

3.土地の性質の変更
 開発行為に該当する「土地の性質の変更」をする行為とは、「建築等の目的」のために「宅地」以外の土地を「宅地」とする土地利用の変更をいう。

※参考 開発許可制限の適用除外