補償金の算定

 契約が締結されたのち、補償金の一部を前払い金としてお支払いすることができます。移転完了後に残金をお支払いいたします。

建物などの移転補償金

 登記完了後、全額お支払いいたします。なお、移転先地を取得するなど、その土地の引渡し前に資金が必要な場合は、その土地の所有権移転登記に必要な書類が完備したのち、土地代金の一部を前払い金としてお支払いすることができます。
 契約金額から前払い金を差引いた残金については、登記完了後(建物などがある場合は、移転完了後)にお支払いたします。

土地代金

 建物などの移転、土地の所有権移転登記が完了し、土地の引渡しを受けたのち、銀行振込みなどにより、補償金をお支払いいたします。

補償金の支払い

 ご了承いただきますと、権利者の方とそれぞれ個別に契約をいたします。なお、土地売買契約と建物等の移転補償契約は同時におこなわせていただきます。

 おゆずりいただいた土地は、県で登記を行います。建物などは権利者の方に移転していただき、県が移転完了を確認して、土地を引き渡していただきます。土地や建物に抵当権等が設定されているときは、契約に先立って所有者の方が抵当権者等と話し合っていただいて抵当権等を抹消していただくことになります。ただし、土地の買収する部分については、抵当権者等の抹消承諾書等関係書類が提出されれば、所有権移転登記と一緒に手続きをすることが出来ます。

土地の評価

建物などの調査

土地登記・建物などの
移転・土地の引渡し

契約の締結

6

 土地の買収価格や物件の補償額について、皆様それぞれ個別に金額をお示しし、ご理解いただくよう協議いたします。

契約のための協議

 土地や建物などの補償金額を適正に算定いたします。なお、営業者の方、建物を賃貸している方などは、算定に必要な書類をご提出いただきます。

 おゆずりいただく土地の価格を評価いたします。

 説明会でご了承が得られますと、皆様に立ち会っていただき、事業に必要な土地の範囲の確認、建物の調査などを行います。

 あらかじめ土地の権利者や住民の皆様にご理解・ご協力をいただくため、事業の目的、内容、用地補償などについての説明会を行います。

事業説明会

区分 契約書 準備していただくもの
土地所有者の方 土地売買に関する契約書
1.実印
2.印鑑証明書
3.資格証明書(法人の場合)
建物等物件の所有者の方 物件移転補償契約書 実印
借地している方
借家している方
借間している方
(事業を営んでいる方)

補償契約書
または借家人(借間人)
補償契約書
               
実印
7
用地買収は、どのような手順で進められるのですか?
税制の優遇措置
1
2
3
4
5
8
マウスを絵の上に重ねると実際の説明会の様子がご覧いただけます。
用地課へ戻る