小野川砂防工事が完成しました
  
  当箇所は、諫早市小野町に位置し、標高247mの金比羅岳に源を発し一級河川本明川
に注ぐ土石流危険渓流です。
被害想定区域内には人家が密集し、郵便局・公民館・保育園や国道57号など重要な公共
施設があります。
 豪雨時には、土砂・倒木が下流域に流出し甚大な被害が発生するおそれが懸念されたた
め、平成20年度より事業に着手しておりましたが、このたび平成23年7月に完成しました。

  ○工事概要
   目  的   :土砂被害から住民の生命・財産を守るため、砂防堰堤工を施工する。
   施工場所  :諫早市小野町
   工事内容  :砂防堰堤工 2基
            小野川(イ)砂防堰堤 H=11.0m、L=50.0m、V=2,013m3
            小野川(ロ)砂防堰堤 H=10.5m、L=65.0m、V=2,503m3
            取付護岸工 1式
   全体事業費  :約3億8千万円
   工事期間   :平成21年8月〜平成23年7月

 
       
  位 置 図     
       
   流 域 図    
       
                        小野川(イ)完成写真(平成23年7月)    
       
                        小野川(ロ)完成写真(平成23年7月)