長崎県県央振興局 道路第二課
長崎県県央振興局道路第二課>島原道路(目的)

島原道路イメージ図

島原道路の目的 委員会による検討 整備効果 各事業箇所の紹介 地元からの要望


タイトル:島原道路の目的
長崎県は、九州の最西端に位置し、県土はほとんどが半島・離島で形成されています。県では、この地理的ハンディキャップを解消し、地域経済の活性化を促進するため、規格の高い地域高規格道路の整備を重点的に進めています。

※クリックすると拡大図がご覧頂けます

 

 島原半島は、地理的ハンディがあるにもかかわらず高速交通網が整備されていません。半島内には県内有数の観光地を有していますが、観光客からは道路事情の悪さが指摘されるなど、交通基盤の脆弱さが地域振興の足枷となっています。また、沿線の道路では、交通容量を大きく超えた交通量が確認されており、交通分散による混雑緩和が求められています。
 島原道路は、これらの諸問題を解決するため、次のような目的で整備を行っています。
  1. 高速交通網の整備による島原〜諫早間の連携促進
  2. 並行する国県道や市街地内の交通混雑緩和
  3. 定時性の確保による観光や農業といった地域経済の活性化
  4. 3次医療施設への60分カバーエリア拡大
  5. 災害に強い道路ネットワークの確立

このページのトップへ

道路二課トップページへ


2009 Copyright Nagasaki Prefectural Government. All Rights Reserved.